1 :天之御名無主:2018/02/23(金) 18:28:45.53 .net
穀物の起源神話とかはまだわかるけど、大洪水なんて滅多に起きないしどうして広まったかわからん

2 :天之御名無主:2018/02/24(土) 01:52:25.36

有史以来これまでナイル河の氾濫はじめ古今東西大洪水事故は数え切れないほど起こって来た
近年の我が国でも大洪水現象は起こっている

3 :天之御名無主:2018/02/24(土) 10:32:05.37

縄文海進じゃないですかね

4 :天之御名無主:2018/02/25(日) 00:22:10.39

氷河期が終わった時の伝承が各地にあるだけだろ

5 :天之御名無主:2018/02/25(日) 01:26:23.31

それも考えられる

6 :天之御名無主:2018/02/25(日) 05:34:33.61

以外と皆んな知らない事実だけど、今から12000年前は現在の海抜より、120メートル程低かった。
それは単に氷河期時代の終わりに氷雪が溶けただけの話。
氷の溶ける温度は0度なので、緩やかな上昇ではなく、一気に数十メートル級の水面上昇が起こって、海抜が低かった頃の文明をいくつも呑み込んだのが起源だと思う。
現在の人口の大半が海抜100メートル以内だからそりゃ当時のアトランティスやムー、マヤなどの先進文明も滅びるしかなかった。

7 :天之御名無主:2018/02/26(月) 06:30:41.21

世界中に大昔から大洪水はあった 伝説も残る

8 :天之御名無主:2018/02/26(月) 17:24:24.20

【ぐるナイ】  大杉漣(66)  ≪安全デマ被害が、風評被害を抜いた≫  松野莉奈(18)  【エビ中】
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1519611692/l50

9 :天之御名無主:2018/02/26(月) 18:26:12.72

>>2>>4>>6-7
という所だろう…

10 :天之御名無主:2018/02/27(火) 01:42:01.62

>>9
なんで>>3だけ外すんだ?

11 :天之御名無主:2018/02/27(火) 15:18:56.87

>>9>>3に納得しない何かがあるのか

12 :天之御名無主:2018/02/27(火) 20:39:21.76

中国のは異色で
石像の目が赤くなると、その地は海の底に沈むという言い伝えがあって
それを聞いた悪戯者が目を真っ赤に塗ると
本当に洪水が起こってその一帯が海に沈んでしまう話になってる。

日本でも、宇治拾遺物語に
「唐土の卒塔婆に血の付く事」として伝わっている。

13 :天之御名無主:2018/02/28(水) 14:13:05.21

>>6
文明というか数多の原始文化ね
「先進文明」という言葉を使うとカルト厨共が寄ってくるぞw

14 : :2018/03/01(木) 00:14:39.43

www

15 :天之御名無主:2018/03/01(木) 13:19:47.96

人間の進化に伴い細々と様々に文化集団はあったろうからね。

16 :天之御名無主:2018/03/03(土) 23:40:08.68

そー そー

17 :天之御名無主:2018/03/05(月) 22:51:30.56

〇〇文明って大抵でかい川の名前やん?
長く続けば大洪水の1つや2つぐらいあるやろ

18 :天之御名無主:2018/03/09(金) 23:26:43.53

パクリ元がシュメール神話の洪水話と思しきものがある。
その代表が旧約とギルガメシュ叙事詩。

19 :天之御名無主:2018/03/11(日) 19:24:10.80

神話の元話の世界的還流

20 :DJ学術 :2018/03/12(月) 07:30:13.59

箱舟理論知ってる?真女神転生 だけじゃないよ

21 :天之御名無主:2018/03/15(木) 05:22:28.07

      

     

22 :天之御名無主:2018/03/16(金) 15:55:19.29

神が悪を一掃し善のみ残ると
話は簡単だがそうはいくまいよ

23 :天之御名無主:2018/03/29(木) 22:56:58.60

そりゃそうだ 選民思想も絡んどるけえの

24 :天之御名無主:2018/04/22(日) 12:39:41.06

>>18
あの辺りの洪水譚はかなり広範に影響を及ぼしていると感じる

25 :天之御名無主:2018/04/22(日) 21:06:54.28

大洪水は事実だから世界中に神話として残っている

26 :天之御名無主:2018/04/23(月) 23:04:18.33

>>1
雨期と乾季を交互に繰り返す地域や、ナイルの氾濫が出典。

27 :天之御名無主:2018/04/25(水) 10:21:04.83

縄文海進だろ

28 :天之御名無主:2018/04/25(水) 15:50:48.29

総ての宗教は互いに影響を与え合い成立しているから
そういう情報も共有されていても不思議ではない

29 :天之御名無主:2018/04/25(水) 19:42:32.23

もうバレてるよ
いまさら隠すな

30 :天之御名無主:2018/04/25(水) 20:55:38.69

↑おつむ大丈夫か?イミフ

33 :天之御名無主:2018/05/02(水) 01:58:26.90

話としてまとめると、誰でも飲み込めそうな話なんだよね。

あの世で起きた神の相談。

エバは、イナンナだった女性でモーゼに旧約聖書の作者になってもらうことをお願いして
自分はイシュタルとして身を潜める。

イシュタルは、マリアとイエスが親子だという話を広める為に
イエスにメシアの役を務めるようお願いする。

イシュタルは、マリアや中国の妲己や天照大御神とグループを形成し、
お稲荷さんを始める。※お稲荷さんには重要な仕事があり、悟りを開く前の人間に対し、
誘惑を仕掛ける。また、人間の秘儀参入時の霊界の審査もお稲荷さん中心で開催される。

それが、稲穂を実らせる前の荷物という意味。
此処重要。重要なのに日本人は誰も字の意味を解いてない。
お稲荷さんとは悟りそうな人をそのまま進ませるかどうかを
判定してくれる存在。

現在の課題。
イエスが中心の世界だけれども、イエスはお稲荷さんに呼ばれてメシアになった人で
メシアはお稲荷さんが引き連れている地縛霊に憑依を依頼し、輪廻を終えるカルマが
無くならないように働きかけ、霊界からの支配が継続するように見張っている。← この点を言及してほしい。

王路(引き寄せの法則) おまえらの力が必要だ!
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/atopi/1512118999/

35 :天之御名無主:2018/05/06(日) 11:26:03.09

荒しだね

38 :DJgensei artchive gemmar:2018/05/15(火) 14:20:14.73

水分にもストレスがたまるから。

39 :天之御名無主:2018/05/15(火) 18:42:13.45

【666の獣トランプ涙目w】 2000年ぶりにあの漢″帰郷の噂… <再臨> イスラエル、また処刑する!?
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1526351394/l50

43 :天之御名無主:2018/08/01(水) 20:46:00.75

治水は古代より各地域の課題だっただろう

44 :天之御名無主:2018/08/10(金) 14:59:38.12

そうだ。

45 :天之御名無主:2018/08/10(金) 20:39:51.67

古代都市は水脈の移動を追うようにして繁栄し衰退している

49 :天之御名無主:2018/08/20(月) 05:08:13.11

氷河期が終わったのってどれくらい前の出来事?

55 :天之御名無主:2018/08/25(土) 04:48:52.43

ハザール人由来のユダヤ人なんて極一部だろ

58 :天之御名無主:2018/08/26(日) 06:32:05.66

メジャーな文化に大河のエリアが多いよね

59 :天之御名無主:2018/08/28(火) 01:14:15.12

>>55
そのごく一部に牛耳られているこの世界

61 :天之御名無主:2018/08/29(水) 18:55:19.49

シュメールの影響か

62 :天之御名無主:2018/08/30(木) 21:42:34.06

メソポタミアの「ギルガメッシュ叙事詩」に洪水伝説も洪水7日後にニシル山に漂着して鳩を飛ばし水の引きを確認するくだりも出て来るとさ

68 :天之御名無主:2018/09/01(土) 14:26:28.57

そもそも世界中で洪水があったわけだから

71 :天之御名無主:2018/09/03(月) 14:07:16.17

>>62
山への漂着や鳩飛ばしのエピソードまであるんじゃなあ。
ギルガメッシュの聖書への影響は考えねばと。

81 :天之御名無主:2018/09/08(土) 17:24:13.83

↑ザックリ言ってラスコー洞穴の絵画の描かれたくらいの時代かな…

85 :天之御名無主:2018/09/11(火) 12:37:59.62

洪水伝説で、伝説内の表現、エピソードのパターンがギルガメッシュのそれと酷似しているものは、ギルガメッシュの影響を受けて物語が成立した伝説

91 :天之御名無主:2018/09/12(水) 14:29:35.96

「旧約聖書」はいつ、どのように編纂されたのか
まとまりのあるものが最初に成立したのは前5世紀から前4世紀頃で、ユダヤ民族がペルシアの支配下にあった時期です。
http://textview.jp/post/culture/14116

95 :天之御名無主:2018/09/13(木) 16:24:53.70

コブウシ

歴史時代に先立つ古い時代からインド亜大陸での分布が確認されており、今も昔もアジアの南部地域で数多く飼育されている。

バビロニア南部のウルの遺跡からは、紀元前3000年のものとされるインドからコブウシを輸入したことを示す図が発見されている。

牛は、古くはインダス文明の担い手、その後はバラモン教やヒンドゥー教を始めとするインド発祥の諸宗教の信仰者に神聖視され続けており、とりわけインドの人々にとって「牛」と言えば第一に瘤牛であった。

100 :天之御名無主:2018/10/04(木) 14:12:34.94

あるやろね

150件をまとめました。
最新情報はこちら